引っ越しを依頼する際、どの様なことに気をつけるか、
どの様なことで後悔したかなどを、多くの人に聞いてみました。

自分の経験だけでは知らなかった「なるほど」と思えることもありますので、
これから引っ越しを依頼する方には参考になるかと思います。

カテゴリ毎に数件をご紹介

カテゴリ名をクリックすると全ての内容を表示します。

段取り

  • 引っ越し前に、新居での家具や家電を慌てて買わない方が良いです。
    実際に新居で数日暮らしてみると、カーテンに遮光が必要なことがわかったり、当初の計画と違うことが出てきます。
  • 片付けの際は最後に残すものはハンガー等は外して、洋服、下着2日分だけ残すように心がけてください。
    荷物を出してしまったら残ったものは宅急便で送るはめになります。
  • 荷物を運び入れる前に、水回りの隙間を埋めて、バルサンなどの防虫剤を焚いておいた方が良いです。

契約

  • 安い引っ越し業者さんは、引っ越しをする時間の指定が思い通りにならないことが多いです。
  • 急ぎの引っ越しでなければ、繁忙期を避けた方が良いです。
    費用が全然違います。
  • チラシで入ってくる業者は、費用は安いですが対応や補償面で悪いことが多く気をつけた方が良いです。

注意

  • 引っ越し見積もり時に段ボールの数を業者の人が見積もるのですが、それにプラス50〜100枚くらい多めにもらうと良いです。
    家族引っ越しの場合は不足しがち、と梱包担当の方が教えてくれました。
  • 引っ越し繁忙期は、前の人が梱包をほとんどしていなかったりなどで、自分の引っ越し時間が大幅に遅れるなどのトラブルが起きがちです。
  • ロードバイクやクロスバイク等、本体価格が高めの自転車は、ライトやフェンダー(泥除け)等、パーツも高く売れてしまうため、予め外しておいてから、業者の方に運んでもらうことをおススメします。

新築分譲マンションの周辺環境一覧