引っ越しを依頼する際、どの様なことに気をつけるか、
どの様なことで後悔したかなどを、多くの人に聞いてみました。

自分の経験だけでは知らなかった「なるほど」と思えることもありますので、
これから引っ越しを依頼する方には参考になるかと思います。

カテゴリ毎に数件をご紹介

カテゴリ名をクリックすると全ての内容を表示します。

段取り

  • 日程の流れなどは頭の中で計画するだけでなく、業者さんに見せる可能性があることなどを考慮して、すべてノートに書き出しておいた方がいいです。
  • 引っ越し1か月前にはゴミ出しカレンダーを確認して計画的に出し、最後は燃えるごみだけ残るのが理想です。
  • マンションへの引越しだと西日の光を見てからテレビの設置場所を決めたほうがいいです。
    西日が当たる場所にテレビを置くと昼から夕方にかけて西日の反射でテレビが見づらくなります。

契約

  • 引越し屋の見積もりは必ず複数社とった方がいいです。
    他社見積もりを出すことで値引き交渉ができます。
  • 1社目1回目の見積もりで絶対に契約しないでください。
    このあと2社目の見積もりがある事を伝え、限界を提示させてください。
    気に入らない見積もりの場合は2社目で契約しましょう。
  • 引越し業者に見積りをしてもらった後、一度迷う素ぶりをした方がいいです。
    以前電話見積りをした際に、即決できず検討しますと伝えると料金を値引きしてくれ、結果的に最初の見積りより2万円安くなりました。

注意

  • 電話による、おおよその見積額を訊き出した際に、あやふやな回答をする引っ越し業者だと、後になって、高額請求してくる可能性があるため、注意すべきポイントです。
  • 引っ越しの際は家の中で作業する人だけを見るのではなく、トラックで荷物を積み下ろしする人のことも見ておきます。
    依頼人が見ていないところで家具などを雑に扱う作業員がいますので、要注意です。
  • 引っ越し繁忙期は、前の人が梱包をほとんどしていなかったりなどで、自分の引っ越し時間が大幅に遅れるなどのトラブルが起きがちです。