引っ越しを依頼する際、どの様なことに気をつけるか、
どの様なことで後悔したかなどを、多くの人に聞いてみました。

自分の経験だけでは知らなかった「なるほど」と思えることもありますので、
これから引っ越しを依頼する方には参考になるかと思います。

注意に関する引っ越しを依頼する際の注意点や後悔など

  • 引っ越し繁忙期は、前の人が梱包をほとんどしていなかったりなどで、自分の引っ越し時間が大幅に遅れるなどのトラブルが起きがちです。
  • 現金やパスポート、保険証券など貴重品をしっかり自己管理する事です。
    一度、主人が引っ越しの荷物の中に集めていた記念コインを入れていたら引っ越し中に紛失しました。
  • 引っ越し見積もり時に段ボールの数を業者の人が見積もるのですが、それにプラス50〜100枚くらい多めにもらうと良いです。
    家族引っ越しの場合は不足しがち、と梱包担当の方が教えてくれました。
  • 引っ越して家具や家電を新しく買う場合は、サイズをきちんと測らないと大変なことになります。
    私の場合は購入した冷蔵庫が、アパートの内階段を通れるかどうかギリギリで大変でした。
  • いらなくなった家具をリサイクルショップの出張買取に出す場合、あまりにも古い家電だと場所によっては買取してくれず、リサイクル回収料金として逆にお金を払わなければいけない場合があるので注意
  • 引っ越しの際は家の中で作業する人だけを見るのではなく、トラックで荷物を積み下ろしする人のことも見ておきます。
    依頼人が見ていないところで家具などを雑に扱う作業員がいますので、要注意です。
  • ロードバイクやクロスバイク等、本体価格が高めの自転車は、ライトやフェンダー(泥除け)等、パーツも高く売れてしまうため、予め外しておいてから、業者の方に運んでもらうことをおススメします。
  • 電話による、おおよその見積額を訊き出した際に、あやふやな回答をする引っ越し業者だと、後になって、高額請求してくる可能性があるため、注意すべきポイントです。

カテゴリで絞り込む