賃貸物件を探す際、借りる際、どの様なことに気をつけるか、
どの様なことで後悔したかなどを、多くの人に聞いてみました。

自分の経験だけでは知らなかった「なるほど」と思えることもありますので、
これから賃貸物件を借りる方には参考になるかと思います。

住人に関する賃貸物件を探す際の注意点や後悔など

  • 左右上下、どんな人が住んでいるのか確認しておくことです。
    引越してから面倒なことを起こす住人が住んでいる可能性に気付くとかなり面倒です。
  • 隣人がとても変な人で毎晩大声で叫んでいたので立地等以外にも周辺の人間も調べたら良かったと後悔しました。
  • ゴミ置き場や自転車置場をみたほうがよいです。
    マナー違反してそこにゴミを出しているようなら、素行に問題のある住人が住んでいることになります。
  • アパートに住む際には上の階、下の階、隣近所の住人がどのような人が住んでいるのか、事前に確認できればするべきです。
  • 隣家や隣の部屋、マンション等なら上階の部屋に訪問し「住み心地はいかがですか?周辺環境はいかがですか?」と話を聞きながら、どのような人柄や家族構成なのかを探ってみるといいです。
  • ゴミ捨て場の状態を確認すると、その周辺に住んでいる人たちのマナーの良しあしがわかる目安になります。
  • タバコ嫌いな人は、隣室や下室の様子を良く確認した方が良いです。
    ベランダに灰皿が置いてあったり、換気扇の下のヤニ色が凄かったりなど。
    また部屋の前をゆっくりと通ると匂いでわかる場合もあります。
  • 階段、通路、庭など、建物内を一度まわると、共有スペースにゴミを置いたり、傘を干したりしている困った住人がいるかなどを知ることが出来ます。
  • マンションの入り口付近に、日々の掃除履歴が張り出されているところは比較的奇麗に管理されています。
  • 時間のあるときしか出来ませんが、物件の入り口が見える場所で、平日の7〜9時頃の間に出入りする人を見ると、大体どのような住民かがわかります。
  • ベランダ側の全体を見ると、干されている洗濯物や、カーテンの有無、部屋の中の雑然とした感じなどがわかり、判断材料になります。
  • 子供がいても喫煙する親は沢山いるので、この物件は「家族が多い」というだけで喫煙者が少ないと判断しない方が良いです。
  • 外に出て、契約する部屋のベランダ側を見る。
    上下左右の部屋の住人の雰囲気で、入居後の隣人関係が予想できるので見た方が良い。
  • 見学してもわからない点がお隣の騒音でした。
    隣からお経の声が聞こえてきて、夜落ち着いて眠れなかったので、見学時に確認しましょう。
  • アパートの賃貸物件を探す場合、2つ以上部屋がある物件だと、小さい子供のいるファミリー層が隣に住んでいる可能性があります。
    なので、内見をした時などにチェックした方が良いでしょう。
  • ゴミ捨て場の確認をした方がいいです。
    その賃貸物件周辺のモラルがわかります。

カテゴリで絞り込む