賃貸物件を探す際、借りる際、どの様なことに気をつけるか、
どの様なことで後悔したかなどを、多くの人に聞いてみました。

自分の経験だけでは知らなかった「なるほど」と思えることもありますので、
これから賃貸物件を借りる方には参考になるかと思います。

契約に関する賃貸物件を探す際の注意点や後悔など

  • 駐車場付きの物件を探す時、場合によっては駐車場が少し離れていたり抽選になる場合もあるので、必ず契約前に確認した方が良いです。
  • 1年以内に退去した場合の違約金の有無を不動産に聞いておくことがベターです。
  • 住みたいエリアの平均家賃相場に比べ、1万円程安かったり、敷金礼金がない場合は事故物件(人が亡くなった)以外にも、隣の騒音やゴミがひどいなど隣人トラブルがあるので安い理由を確認した方が良いです。
  • 不動産業界では、1件でも多く物件を掲載する為に設備入力が疎かになる場合がある為、ネットに掲載されている設備に関しては、必ず2〜3社以上見比べるようにしています。
  • 外に出て、契約する部屋のベランダ側を見る。
    上下左右の部屋の住人の雰囲気で、入居後の隣人関係が予想できるので見た方が良い。
  • 1店舗しかない不動産ではなく、支店がある不動産を利用したほうが良いと思います。
    なぜなら、何か問題が起きた場合、すぐに対応してくれるからです。
  • 借りたい部屋の家賃が予算より少し高いなと思ったら、値下げ交渉をすると下げてくれることがあります。
    但し、人気のある物件ですと大家から断られることがありますので注意が必要です。
  • 今思うと、最初に古い物件を見せられ、徐々に綺麗な物件を見せられたため後の物件がすごくよく見えて契約してしまったことがありました。
    一つ一つの物件を客観的に見ることが大切だと思います。
  • 物件を借りる際のアドバイスとしては、敷金礼金0の物件で即入居可能な部屋を探すといいでしょう。
    手続き等がスムーズに進みますし、家賃保証会社があれば保証人は不要です。
  • なによりもご縁が大事。
    自分の家族(特に目上、祖父母)繋がりで探してもらう物件には当たりがある。
    ワンランク上の地域に住めるのはもちろんしかも懇意にしてもらえるから。
    結果私は13年住みました。
  • ネットの情報を鵜呑みにせず、実際に複数の不動産会社へ行って相談すべきだと感じました。
    釣り物件も多かったですし、不動産会社によって手数料も全然違うので、数社を比較すべきです。
  • 不動産屋が提案してくる物件を見た後でも良いので、もう一度より良い条件の物件がないか尋ねてください。
    3軒ほど不動産屋を巡りましたが、必ずこうやって聞いて出て来た物件が一番良い条件でした。
  • まずはその地域の相場を必ず確認してから行きます。
    安すぎる物件は、必ず安い理由があるので、相場よりもかなり安いと思ったら、その理由を聞きます。

カテゴリで絞り込む