引っ越しを依頼する際、どの様なことに気をつけるか、
どの様なことで後悔したかなどを、多くの人に聞いてみました。

自分の経験だけでは知らなかった「なるほど」と思えることもありますので、
これから引っ越しを依頼する方には参考になるかと思います。

段取りに関する引っ越しを依頼する際の注意点や後悔など

  • 引っ越し前夜は早く寝て、当日早起きすることでテキパキ作業が進みます。
  • 引っ越す前に新居の掃除を済ませておくと、気持ちよく荷物を運び入れることが出来ます。
  • 引っ越し先の間取り図の各部屋をナンバリングし、梱包した荷物にも部屋ナンバーを書いておくと、部屋別の搬入がスムースです。
  • 日程の流れなどは頭の中で計画するだけでなく、業者さんに見せる可能性があることなどを考慮して、すべてノートに書き出しておいた方がいいです。
  • 引っ越していつも必ずすることは、引っ越し後の段ボールは全てすぐに開けてしまうことです。
    段ボールも業者にすぐに引き取ってもらえますし、片付けも強制的にしないといけなくなるからです。
  • 前日までには必ず梱包をしておき、当日はカバンに入れられるものだけ出して置くと良いです。
  • 部屋の図面を大きくコピーし、細く実際計測した値を書き込みました。
    それを元に家具のレイアウトを考えて買い足す物、捨てる物が整理できました。
    引越し当日に的確に配置のお願いができました。
  • 事前に引越し先の間取りを作って家具が想定通り入るかをチェックすることです。
    パッとみて入ると思っても当日入らないとバタバタして大変だからです。
  • マンションへの引越しだと西日の光を見てからテレビの設置場所を決めたほうがいいです。
    西日が当たる場所にテレビを置くと昼から夕方にかけて西日の反射でテレビが見づらくなります。
  • 引っ越し業者は早目におさえてください。
    3月〜4月の引越しシーズンだけでなく、9月などの秋口も引っ越しが多いです。
    しかも今は人手不足で大手の引越し業者でも予約が取れない事があります。
  • 片付けの際は最後に残すものはハンガー等は外して、洋服、下着2日分だけ残すように心がけてください。
    荷物を出してしまったら残ったものは宅急便で送るはめになります。
  • 同じ食器は重ねて透明のビニール袋に入れ、それをタオルで巻いて段ボールに入れれば、引越し先で食器を片付ける際、洗わずに収納できます。
  • 引っ越し前に、新居での家具や家電を慌てて買わない方が良いです。
    実際に新居で数日暮らしてみると、カーテンに遮光が必要なことがわかったり、当初の計画と違うことが出てきます。
  • 引っ越し1か月前にはゴミ出しカレンダーを確認して計画的に出し、最後は燃えるごみだけ残るのが理想です。
  • 不要なものをゴミとして出す際は、引っ越しが決まった時点から少しずつ出すようにします。
    引っ越し直前に大量のごみを出すと通常の回収では回収しきれず置いて行かれてしまうことがあります。
  • 自分たちの自家用車で運べるサイズの家電であれば、少しでも費用を抑えることに繋がるので、ピックアップしておくことをおススメします。
  • 作業効率を上げる為に、エアコンは事前または当日最初に取り付けると良いです。
  • 荷物を運び入れる前に、水回りの隙間を埋めて、バルサンなどの防虫剤を焚いておいた方が良いです。
  • 荷物を運ぶ時の騒音を気になさるような方がおられたので、出きれば事前に「何月何日に荷物を運びます」とお伝えしたほうがよかったです。
  • 新旧の住所や電話番号は、何度も書類に記入する必要があるので、紙やスマホなどにメモしておいた方がいいです。

カテゴリで絞り込む