賃貸物件を探す際、借りる際、どの様なことに気をつけるか、
どの様なことで後悔したかなどを、多くの人に聞いてみました。

自分の経験だけでは知らなかった「なるほど」と思えることもありますので、
これから賃貸物件を借りる方には参考になるかと思います。

カテゴリ毎に数件をご紹介

カテゴリ名をクリックすると全ての内容を表示します。

住人

  • 左右上下、どんな人が住んでいるのか確認しておくことです。
    引越してから面倒なことを起こす住人が住んでいる可能性に気付くとかなり面倒です。
  • ベランダ側の全体を見ると、干されている洗濯物や、カーテンの有無、部屋の中の雑然とした感じなどがわかり、判断材料になります。
  • ゴミ捨て場の状態を確認すると、その周辺に住んでいる人たちのマナーの良しあしがわかる目安になります。

室内

  • 畳はやめた方がいいです。
    ダニが湧きやすいし、カビやすいので梅雨の時期は特に換気や掃除をしっかりしないといけないので大変でした。
  • 内見に行ったら部屋の壁や床を叩いてみてください。
    叩いた音が響くようなら防音性が低く、響かない小さな音なら防音性が高いです。
    隣室の音で悩まされないためにも壁を叩いて音が響かない部屋を選びましょう。
  • 物件を不動産屋に見せてもらう時は、間取りや部屋の雰囲気も大事ですが床や壁の隙間などをしっかり見た方が良いです。
    見た目は良くても床が傾いていたり壁に隙間があったり雑な施工がたくさんありました。

設備

  • 部屋内の天井部分に、シーリングファンが備えつけられていると、夏場なんかは特に、空気の流れが良くなって、快適に過ごせるため、あると便利な設備です。
  • 給湯器の年式や機能を確認しておいたほうがいいです。
    特に古い給湯器は故障するようなことがありました。
  • 候補になる物件はテレビ端子とコンセントの位置を確認しておくことです。
    家具やテレビ配置を考えるときにけっこう制限になるからです。

環境

  • 一人暮らしの場合は敷地内やすぐ近くに自動販売機があると、具合が悪い時にすぐスポーツドリンクが買えてとても助かります。
  • 物件の管理をオーナー自身がしていると、管理も行き届いているのでそういう物件を探した方が良いです。
  • アパートを探すとき外国人入居者がいないところを探しました。
    以前騒音問題が発生したからです。

契約

  • 住みたいエリアの平均家賃相場に比べ、1万円程安かったり、敷金礼金がない場合は事故物件(人が亡くなった)以外にも、隣の騒音やゴミがひどいなど隣人トラブルがあるので安い理由を確認した方が良いです。
  • 駐車場付きの物件を探す時、場合によっては駐車場が少し離れていたり抽選になる場合もあるので、必ず契約前に確認した方が良いです。
  • 1年以内に退去した場合の違約金の有無を不動産に聞いておくことがベターです。