賃貸物件を探す際、借りる際、どの様なことに気をつけるか、
どの様なことで後悔したかなどを、多くの人に聞いてみました。

自分の経験だけでは知らなかった「なるほど」と思えることもありますので、
これから賃貸物件を借りる方には参考になるかと思います。

カテゴリ毎に数件をご紹介

カテゴリ名をクリックすると全ての内容を表示します。

住人

  • タバコ嫌いな人は、隣室や下室の様子を良く確認した方が良いです。
    ベランダに灰皿が置いてあったり、換気扇の下のヤニ色が凄かったりなど。
    また部屋の前をゆっくりと通ると匂いでわかる場合もあります。
  • 時間のあるときしか出来ませんが、物件の入り口が見える場所で、平日の7〜9時頃の間に出入りする人を見ると、大体どのような住民かがわかります。
  • 子供がいても喫煙する親は沢山いるので、この物件は「家族が多い」というだけで喫煙者が少ないと判断しない方が良いです。

室内

  • シャワーの水圧が気になる人は確認した方が良いと思います。
    内見の際や事前に相談すれば対応してくれる不動産屋・大家さんもいます。
  • 物件を不動産屋に見せてもらう時は、間取りや部屋の雰囲気も大事ですが床や壁の隙間などをしっかり見た方が良いです。
    見た目は良くても床が傾いていたり壁に隙間があったり雑な施工がたくさんありました。
  • 家にある大きな家具、例えば冷蔵庫や洗濯機の寸法を測ってメモしていくといいです。

設備

  • オール電化物件で良くある電気温水器内のタンクに入っている水は、タンク内の清掃をほとんどしていないため、水(お湯)が汚い事が多いので気をつけた方がいいです。
  • よくある4部屋アパート前にある駐車場の場合、同じ幅だけど立地によっては斜めで端っこで隣家との境界ブロックやポールがある場合、車の出し入れがしづらいので駐車場もよく見た方が良いです。
  • 入居予定物件の内覧時、内装の途中だった事もあり、当然付いてるのが当たり前と思ってた網戸が無かった事が、未確認における失敗です。

環境

  • 日当たりがよく明るいと思っていましたが、住んでみたら風が入りにくく1日中サウナのような状態ですごく暑すぎて耐えれませんでした。
  • ロフト付きの部屋に住んだら、夏場はロフトは暑くて、寝るにも荷物を置くにも困りました。
    ロフト付きを選ぶなら窓付きか確認したほうが良いです。
  • ゴミ捨て場を見てください。
    住民のマナーや、生活水準などが出し方や掃除してあるかでわかります。
    猫や鳥の被害などもわかり、住む際の対策ができます

契約

  • まずはその地域の相場を必ず確認してから行きます。
    安すぎる物件は、必ず安い理由があるので、相場よりもかなり安いと思ったら、その理由を聞きます。
  • 不動産業界では、1件でも多く物件を掲載する為に設備入力が疎かになる場合がある為、ネットに掲載されている設備に関しては、必ず2〜3社以上見比べるようにしています。
  • ネットの情報を鵜呑みにせず、実際に複数の不動産会社へ行って相談すべきだと感じました。
    釣り物件も多かったですし、不動産会社によって手数料も全然違うので、数社を比較すべきです。